FC2ブログ

Entries

映画感想 ゲド戦記

お勧め度:★★(ネタとして見れば+1個)
ネットでの映画評の余りの悪さに友人と見に行きました。
そんなに見れないものではありませんが、
かといって誉めるべきところも余りない、そんな映画です。

まずは良い箇所から。
(1)絵が綺麗。
(2)テーマが分かりやすい。

悪い箇所は幾つか挙げられます。
(1)舞台背景の説明が不足。意味が分からない。
(2)ストーリー展開も唐突・強引
(3)淡々として盛り上がりに欠ける。
(4)テーマの訴え方がストレート過ぎ
   (この人、テーマを全て登場人物のセリフで分かりやすく訴えてますよ。いや、それはどうでしょうか。)
(5)「笑い」が一つもない。ストーリー上しょうがありませんけれども(ジブリにこれを期待している人は多そうです)
(6)悪役がステレオタイプ
   クモ女が小物すぎる。手下が下品で如何にも一昔前の作品の悪人。
   (ムスカ様は偉大だった・・・)


細かいところは兎も角このような感じでしょうか。

さて、周知のとおりこの映画の「宮崎吾郎」監督は、あの世界的な「宮崎駿」監督の息子さんです。
「世襲」という行為自体には「まぁしょうがない」という気はします。
ただ、映画監督とか音楽家とか、
クリエイター関係の職業の「世襲」というのは余り成功例は少ないですよね。
他の政治家・郵便局長等の「世襲」がつきもののお仕事と違い、
クリエイターは自ら創作した作品を評価されるのですから、これに対する誤魔化しは不可能です。

ジブリスタジオは息子の宮崎吾郎監督を今後の「ジブリ」ブランドの柱とするという方針を立てたのであれば、
最初の作品評価を落とさないためにも、万全のサポート体制を作るべきだったと思う。
でも、作品を見るにそれは結果として失敗に終わった(といって差し支えないと思います)。

その理由として、a) ジブリは「それを出来なかった」「サポートしたけれども上手に行かなかった」のか?b) 「敢えてしなかった」のか?c) 「吾郎監督が不要としてさせなかった」のか?
どうなんでしょうか?

a) ならば、ジブリは宮崎駿のワンマンで後継者どころかサポート出来る人材も育っていないとなる。これからの凋落が予想されます。
b) はほぼあり得ないのではないかと。ブランドを育てようとして、処女作の保証をとらないとは思えない。
c) であれば、宮崎吾郎の監督としての意気込みと見るか、傲慢と見るかは両方あることと思いますが、次回作へ判断を持ち越してもよいと思います。

本当にどうなのでしょうか?

ふと思いつきましたが、
原作にない「父親殺し」のシーンは偉大な国王陛下(=宮崎駿)と自分に自信がなくいつも不安な主人公(=宮崎吾郎自身)を重ねて、追加されたのかもしれませんね。自分が平穏に生きていくには偉大なる国王を殺す(≠乗り越える)しかない、という葛藤を描きたかったのかもしれません。
そういう目で全体を見直してみると、意外に新しい側面が見えてくる・・・わけもなく、やはり中途半端な展開ですねぇ。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nantokanareba.blog54.fc2.com/tb.php/1-bca7a12f

1件のトラックバック

[T1] [映画] 「ゲド戦記」はやめて、細田守監督「時をかける少女」を見に行こう

 一週間ほど前、友人に連れられて、映画「時をかける少女」と「ゲド戦記」とを見に行った。[推敲度 4/10] 「ゲド戦記」は宮崎駿・高畑勲作品を数々作り出してきたスタジオジブリの作品。今回の監督は宮崎駿監督の息子・宮崎吾朗氏。 彼はこの作品が初監督の作品だが、ジ

2件のコメント

[C118] こんにちは

面白かったです。また遊びに来ますね。

[C171] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Umida

Author:Umida
FC2ブログへようこそ!

ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索