FC2ブログ

Latest Entries

映画感想 時をかける少女

お勧め度:★★★★★(素晴らしい)

ネットでの映画評の余りの良さに友人と見に行きました。
(ゲド戦記と同じ日でした・・・)

エンドロールで席を立つ人が誰もいないというのも評判どおりで、それも納得できる作品です。
自分は「青春もの」はとても好きなので、評価も甘くなる傾向がありますが、それを差し引いてもこれは良かった。
久しぶりに映画で「もう一度観たい」と思わせてくれました。


ストーリー展開は笑いあり、(小さいけれども)サプライズあり、涙ありとツボはしっかりと抑えてあり、「青春もの」のキーワードである「将来」「希望」「悩み」「不安」「恋愛」「友情」といった言葉たちもストーリーの中に上手にまとめられています。
(主人公が主人公なので「不安」はなかったかな)

飛びぬけて印象的・感動的といったシーンは私には余りなかったのですが、
でもエンディングを観ているとその音楽と相まって後からジワジワとくるものがありました。

この作品の一番の魅力は、主人公である真琴の「走り、転げ、笑い、悩み、反省し、泣き、そして最後まで前向きに走り続ける」態度、この健康的な強さにあるのではないかと思います。

一つだけ個人的な要望を挙げさせて頂ければ、エンディングは「後日談」形式の方がよかったかなぁと思います。
真琴が将来に向けて取り組み始めた日常を描いてくれた方がより感動できたかと。
主人公の将来を暗示させて後日談は、その後を想像させてくれてとても好きなのです。

映画感想 ゲド戦記

お勧め度:★★(ネタとして見れば+1個)
ネットでの映画評の余りの悪さに友人と見に行きました。
そんなに見れないものではありませんが、
かといって誉めるべきところも余りない、そんな映画です。

まずは良い箇所から。
(1)絵が綺麗。
(2)テーマが分かりやすい。

悪い箇所は幾つか挙げられます。
(1)舞台背景の説明が不足。意味が分からない。
(2)ストーリー展開も唐突・強引
(3)淡々として盛り上がりに欠ける。
(4)テーマの訴え方がストレート過ぎ
   (この人、テーマを全て登場人物のセリフで分かりやすく訴えてますよ。いや、それはどうでしょうか。)
(5)「笑い」が一つもない。ストーリー上しょうがありませんけれども(ジブリにこれを期待している人は多そうです)
(6)悪役がステレオタイプ
   クモ女が小物すぎる。手下が下品で如何にも一昔前の作品の悪人。
   (ムスカ様は偉大だった・・・)


細かいところは兎も角このような感じでしょうか。

さて、周知のとおりこの映画の「宮崎吾郎」監督は、あの世界的な「宮崎駿」監督の息子さんです。
「世襲」という行為自体には「まぁしょうがない」という気はします。
ただ、映画監督とか音楽家とか、
クリエイター関係の職業の「世襲」というのは余り成功例は少ないですよね。
他の政治家・郵便局長等の「世襲」がつきもののお仕事と違い、
クリエイターは自ら創作した作品を評価されるのですから、これに対する誤魔化しは不可能です。

ジブリスタジオは息子の宮崎吾郎監督を今後の「ジブリ」ブランドの柱とするという方針を立てたのであれば、
最初の作品評価を落とさないためにも、万全のサポート体制を作るべきだったと思う。
でも、作品を見るにそれは結果として失敗に終わった(といって差し支えないと思います)。

その理由として、a) ジブリは「それを出来なかった」「サポートしたけれども上手に行かなかった」のか?b) 「敢えてしなかった」のか?c) 「吾郎監督が不要としてさせなかった」のか?
どうなんでしょうか?

a) ならば、ジブリは宮崎駿のワンマンで後継者どころかサポート出来る人材も育っていないとなる。これからの凋落が予想されます。
b) はほぼあり得ないのではないかと。ブランドを育てようとして、処女作の保証をとらないとは思えない。
c) であれば、宮崎吾郎の監督としての意気込みと見るか、傲慢と見るかは両方あることと思いますが、次回作へ判断を持ち越してもよいと思います。

本当にどうなのでしょうか?

ふと思いつきましたが、
原作にない「父親殺し」のシーンは偉大な国王陛下(=宮崎駿)と自分に自信がなくいつも不安な主人公(=宮崎吾郎自身)を重ねて、追加されたのかもしれませんね。自分が平穏に生きていくには偉大なる国王を殺す(≠乗り越える)しかない、という葛藤を描きたかったのかもしれません。
そういう目で全体を見直してみると、意外に新しい側面が見えてくる・・・わけもなく、やはり中途半端な展開ですねぇ。

Appendix

プロフィール

Umida

Author:Umida
FC2ブログへようこそ!

ツリーカテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索